LOG IN

青森県でフルスクラッチのガンダム立像を作り続ける床屋さんに2日連続で訪問したお話

by やまかわ

青森にスゴイ人がいる

かねてから、ネットのニュースやガンダム系のまとめサイト・Twitterなどで話題になってた、ガンダムの立像を作っている床屋さんを見て「おれ、いつかは絶対に行って近くで見るんだ」と思っていましたが、この夏(2017年9月)ようやく夢が叶いました。

9月1日~30日まで、青森県は弘前市・三沢市に一定期間滞在し「県外のIT系人材が青森県内において暮らしながら仕事をすることが可能かどうかを検証する」目的とした、青森ITワーク調査モニターツアーに参加しています。著者は9月22日~28日まで約1週間、青森に実際に滞在しながら、通常業務ができるかどうかの検証を行ってます。
青森ITワーク調査モニターツアー参加レポート #day1 (https://edit.goat.at/#/yantona.goat.me/6qXKTkrg)

(詳しくは青森ITワーク調査ツアー参加レポートをご参照ください)ということで、この日程中で、2日目に弘前市から、この床屋さんのある三沢市まで電車で行ってきました。が、生憎の大雨!結局タクシーで目当ての床屋さんについたんだけど、大雨過ぎて2~3枚くらいしか写真撮れず。床屋さんのマスターに「傘、貸そうか?」と言われども、いえいえすぐ帰ります、お邪魔しました!と3分ほどで撤収。悔しい思いをしました。

その床屋さんは青森県はおいらせ町にある「スズキ理容」。

翌日は見事な晴天

その翌日は、青森でとても仲良くしてくださっている方々に三沢市周辺を案内してくださったのですが、実はその行程の中に、もう一度「スズキ理容」さんに寄っていただけると知り、小躍りしました。嬉しい!

前日とは打って変わっての晴天。三沢市の素敵な風景を「大雨の昨日とは全然違うな」と感激して眺めながら、スズキ理容に到着しました。理容室の窓には「ガンダムカット」の文字が。ガンダムカット・・・どんなカットになるんだろうw そんなこと思いながら理容室の入り口に近づくと、マスターが出てきました。

(著者:やまかわ)
こんにちは、また来ちゃいましたw

スズキ理容マスター
あ!昨日の大雨の時の兄ちゃん!
よく2日連続で来たねえ!昨日はずぶ濡れだったね(笑)

と、快くお迎えくださり、敷地内に展示されているいろんな立像の案内をしてもらいました。
まずは晴れているときに撮った、いろんな立像をご覧ください。
これらの立像を、すべておひとりで作ってるんです。フルスクラッチモデルですよ。スケール的には1/10スケールくらいでしょうか。まさに孤高のガンダムマイスターです。

これがスズキ理容のガンダム立像たちだ!

今は、「アカツキ」を作ってるんだよ!

えっ、アカツキってあの金色の!?

そうそう、まだまだ製作途中だけど見せてあげる!

これが製作途中のアカツキだ!

すごい!本当に金色に光ってる!この金色の素材は何なんですか?

これはね、カッティングシートなのよ。
金色のカッティングシートを大量に使うから時間とお金がかかるんだ(笑)

その制作意欲はどこから来るのか・・感心しっぱなしのところへ、アカツキの頭部の内部を見せてもらいました。

(おそらく)初公開、立像の内部だ!

発泡スチロール!!!
発泡スチロールがギッシリ!

そうなんだよ、基本的に材料は廃材を使ってるんだ。

なるほど、それで予算も抑えられるわけですね。
でも、発泡スチロールだったら、立像が風で飛んじゃうんじゃないですか?

それはね、足元の部分に、基礎でコンクリートを流してるんだ。

はえ~~すごい!
他にも色々みせてもらっていいですか?

敷地境界の壁にはイカす壁画が・・・!

こ、この壁画はもしかして・・・?

そうだよ、僕が描きました!

すごーい!イラストも好きなんですね!
そして、手前にあるガンダムヘッドなんですが・・・

おそらく原寸大スケールを目指したと思われるガンダムヘッド

(不覚にも晴れているときにヘッドの前面写真を撮り忘れたので、これは前日の写真w)

このガンダムヘッドはもちろん、他の立像もカメラアイやモノアイが光ったりしてますよね。

そうそう、立像にはちゃんと電気を引いていて、モノアイが発光するように設計してるんだ。実はこのガンダムヘッド、すごい仕掛けがあるんだよ!

仕掛け!?なんでしょうか?
(裏手に回って)ええええええええええええ!!

なんとガンダムヘッドの中に入れる!!

中はカラオケルームになってるんだよ!
(そしてカラオケ端末で「飛べ!ガンダム」を流すマスター)

それでね、ここを切り替えると・・・監視カメラになるんだ!
(外の道路の風景がメインモニターにバーンと映る)

す、すごすぎる!!!

どこかで見たことのある形状の後部ハッチ

なんと、軽四!軽四の後部ハッチのドアが!こういう材料も使われてるんですね。ん?後ろの看板なんですが・・・あれは?

実はこのカラオケスペースも含めて、バーベキューができる貸しスペースになってるんだよ!

近くにあったら絶対利用したいです(笑)
ふむふむ、一人あたり1,000円で最大20名まで利用できる予約制なんですね。食べ物は持ち込みとして・・・ビールサーバーまで用意してくれるんですか!

そうそう、次に来た時はぜひ利用してね!(笑)

そういえば防水はどうなってるんだろう

近づいてみてみると、表面がボコボコしてますよね。
恐らく防水のための処理だと思うんですが、そもそもこの塗装はどうやってるんですか?

これはね、実はゴムを吹き付けてるんだよ。
色んな色のゴムを吹き付けることで、着色と防水処理両方できて一石二鳥なんだよ。

いいアイデアですね!でもさっきのアカツキだったり、これらのゴム吹き付けだったりで、やっぱり結構材料費かかるんじゃないですか?

貸しスペースもそうだけど、全国からウチの立像を見てくれるファンの方のカンパで賄ってるところもあるんです。

あっ、ほんとだ!(カンパボックスを見つける)
さっそく支援させてください!アカツキ早く見たいです(笑)

ありがとう!がんばります!
あ、敷地の裏手も見てみる?

・・・とこんな感じで、気さくにいろんな質問に丁寧に解説していただき、マスターの最初期の作品(石膏像)も見せて下さり、滞在時間はおよそ30分くらいでしたが驚きの連続でした。理容室の営業時間中にも関わらずありがとうございました。ちゃっかり師弟関係になって帰ってきました(笑)

ということでお送りしました、青森ITワークモニター調査ツアーの、3日目の番外編。
もしかしたらもう一つくらい番外編が出るかもしれません。お楽しみに!

そして、この記事は「ガンプラ Advent Calendar 2017」の12月10日の記事でもあります。
プラスチックは使われていませんが、フルスクラッチで巨大な立像を作るという点で、この記事を書こうと思いました。もちろん、理容室の入り口には大量のガンプラがありましたよ!

アカツキの完成、心待ちにしてますよ、マスター!(師匠)



やまかわ
OTHER SNAPS